まずは千葉にお住まいの方へ家族葬とはどんな葬儀かを解説します

親族が急に亡くなるなどして葬儀を実際に執り行う場合には、地域にある葬儀社に依頼をするのが一般的です。この場合には葬儀社が用意したさまざまなカタログやパンフレットの中から希望に合わせてプランを選択することになります。最近では一般的な葬儀のスタイルに混じって家族葬などの新しいスタイルも登場しているため、内容をあらかじめ詳しく知った上で納得のいく契約とすることが大事です。家族葬は千葉県を中心とする関東地方の一円で幅広く執り行われるようになってきてはいますが、まだ従来の伝統的な葬儀よりもマイナーな存在のため、そのコンセプトや段取りなどを知らない人にとってはギャップの大きさに戸惑うことがあります。事前の準備から当日までをスムーズに進める上では確かな理解が必要です。

参列者を絞り込んだ小規模な葬儀

千葉県内で行われる家族葬の最大の特徴として、参列者の人数を絞り込んで小規模な葬儀にすることが挙げられます。正確には人数そのものよりも亡くなった人と親しい関係性があるかどうかを重視した結果として少人数になると考えたほうがよいでしょう。千葉県内の従来の葬儀は親族のほかにも自治会や職場を中心に大勢が式場に参列するのが一般的なあり方とされていました。しかし中には仕事の得意先のためにやむを得ず参列するなどの単なる社会的な儀礼にとどまるケースも多く、葬儀が必ずしも亡くなった人との思い出を共有する場として適切ではなかったのも事実です。通夜や告別式への参列を呼び掛ける相手方をあらかじめ遺族のほかは親族や友人程度にしておけば何の弊害もないことから支持が集まっています。

簡素化により費用の節約にもつながる

葬儀を執り行う上での喪主や遺族の悩みの種に費用の問題があります。葬儀は誰にとっても一生に一度のために盛大に費用をかけて行うのが通例で、場合によっては参列者からの香典だけでは費用を間に合わせることができずに喪主や遺族の自己負担になるケースが見られました。千葉県内は首都に近く人件費が高騰していることも相まって、他の地域よりも相対的に葬儀全体としての費用が高いことも考慮する必要があります。こうした環境の中での家族葬は、参列者の人数に応じて式場の面積や祭壇の大きさなどを小規模にすることができるため、費用も安く済ませることができます。従来の一般的な葬儀との比較では半額以下になる場合がほとんどで、葬儀社にプランを確認の上で見積もりを依頼すればその差は歴然です。

一級葬祭ディレクターが当社は県内最多の在籍を誇ります。 お見積り・資料請求に関しましてはメールにてお伺い致します。 地域のご依頼件数がNo1!皆様に選ばれ続けている当社を安心してご利用下さい。 忙しくてなかなか遺品の整理に時間がとれないお客様の為に遺品整理サービスも承ります。 ご葬儀のことなら地域から愛され続けている昭和セレモニーへお任せください。 家族葬を千葉で準備する予定の人は。