千葉で家族葬を行う際にかかるおおまかな費用

これまでの多人数を集めた大規模な葬儀に代わり、千葉県内では家族や親戚などを中心として小規模に執り行われる家族葬が採用されるケースも見られるようになっています。そのメリットにはいくつかあるものの、葬儀にかかる費用を大幅に切り詰めることが可能な点は確実に挙げられます。ただし、家族葬には明確な定義がないことから葬儀社によって定義が異なっている点にも注意が必要です。定義が異なれば費用についても各社横並びとはいかず、葬儀社によって格差が生じる可能性があります。実際に葬儀をする前に近隣の葬儀社から見積もりを取得して比較検討することはもちろんですが、できれば日頃から将来の葬儀についてもインターネットなどで情報収集を進めて相場感を養っておくことが大切です。

平均的な費用の相場を知っておく

関東地方の中でも千葉県内は人口が密集する都会のために人件費が高く、それとともに葬儀の費用も全国平均よりも高めに設定される傾向があることは理解しておく必要があります。こうした環境の中ではコストの削減の効果が高い小規模な葬儀プランはニーズにマッチしています。一般的な葬儀の相場は200万円台とされていますが、家族葬の場合には式場や祭壇の規模が小さいこともあって半分の100万円以下になるのが標準的なところです。費用は半減するとはいっても祭壇や遺影写真をはじめ御棺など一式は揃っていますので、通夜や告別式の内容は一般的な葬儀とそれほど変わりません。亡くなった人の意向などによりオプションを追加する場合は標準よりもコストは高くなるものの、少なくとも一般葬の場合の半分程度を目安とすれば足ります。

プランに応じて価格も大幅に変わる

千葉県内にある葬儀社では、同じ家族葬とは言ってもいくつかのプランをあらかじめ用意しているのが普通です。これらのプランは通常は葬儀社の公式ホームページに掲載されているほか、少なくとも実際に葬儀をするに当たっての見積もりの際にはスタッフがカタログを持参します。カタログに掲載されるプランの選択によっては価格帯を標準よりも大幅に引き下げることも可能です。最も料金的に安価なプランは火葬式または直葬と呼ばれ、基本的には枕飾り程度の祭壇のほかは火葬の準備をするだけのシンプルなスタイルです。火葬式の場合は生活保護の受給世帯でも使われることから、一式で20万円程度の価格が設定されています。祭壇を設置して通夜や告別式を普通に行う場合は、40万円程度から内容に合わせて何段階かに分かれます。