実際に千葉で家族葬を執り行う際の流れを解説します

家族葬は、遺族と極限られた親族及び知人の数人で執り行われる事から葬儀費用や葬儀に関する打ち合わせなどを削減する事が出来、遺族の経済的負担や精神的負担、身体的負担を減らせる事が出来る小規模な葬儀として千葉県に限らず大都市圏を中心に日本の葬儀の主流となっています。比較的新しい葬儀なので葬儀業界でも葬儀の規模や葬具のグレードなどの定義が明確化されていないのが現状とされ、故人の遺志や予算、地域、葬儀業者によっても大きく異なります。言い換えれば、守るべき宗教的な慣習や従来の葬儀に関する常識、世間体を無い自由な葬儀と言え、葬儀の流れをしっかりと理解する事で予算に合わせた葬儀や故人の遺志に添った葬儀など画一化された葬儀では無く心に残る葬儀を執り行う事も可能です。

千葉県で家族葬を執り行う際の手順

家族葬は、急激に認知度の上がった葬儀形態なので耳馴れない方も少なくありませんが、葬儀を執り行う際の手順は一般的な葬儀の手順と大きく異なる事が無く、特に千葉県北西部は首都東京に隣接しているので一般的な葬儀の手順とほとんど変わりが無いとされています。手順は、一般的な葬儀と同様に故人の死亡診断書と遺体を葬儀場や自宅などの安置場所に引き取る所から始まり、安置場所では宗旨宗派に合わせた枕飾り、納棺の儀、お通夜、通夜ぶるまい、葬儀、出棺、火葬、お骨揚げ、初七日法要の順で執り行われます。遺体の引き取りは、医療機関には必要最低限の霊安室しかなく、霊安室自体の無い医療機関も多いので、すみやかに引き取る必要があるので医療機関が紹介してくれる葬儀業者に依頼する事が多かったのですが、現在では故人自身が自分の望む葬儀で送り出して貰う為に生前見積もりを依頼したり、遺族が自分達で葬儀業者を指定するケースが多くなっています。

葬儀に関する地域性と事前連絡の必要性

家族葬は、弔問客や参列者を遺族と極限られた親族及び知人に限定出来る事で遺族は大きなメリットを得ますが、古い葬儀風習や地域の互助組織が残る千葉県南部地域では袖振り合うのも多生の縁と考え、自発的に通夜への弔問や葬儀への参列するのが一般的な考えとされているので通夜や葬儀を行う際には親族や知人、近隣住民には事前に連絡し理解して貰う必要があり、葬儀の連絡を貰えなかった親族や知人と葬儀後に人間関係が険悪になってしまうケースもあるので葬儀会場で執り行う場合も事前に理解して貰う必要があります。この葬儀形態は、弔問客や参列者が遺族と親族や知人に限られているので世間体を気にする必要が無く、位牌の設置や僧侶の読経など宗教的な慣習に従った通夜や葬儀を執り行う必要も無いので、スムーズかつ心に残る葬儀を執り行う手順として現代では生前に故人と葬儀について話し合っておくのも手順の1つとなりつつあります。