知っておくと困らない千葉で家族葬を行う際に気をつけたい注意点

千葉県内では家族葬が葬儀の主流となりつつあり、その傾向が年々強まっています。自宅での葬儀が減り、斎場で行われることが一般的になったことで隣近所の助けを受ける必要がなくなり、家族だけの葬儀が自然になったと言えます。高齢化が進んだことで定年退職後、数十年経ってから亡くなる人が増えたことで、会社関係の会葬者を考慮せずに済むようになったことも要因の一つと考えられています。家族葬は会葬者への気遣いなく、家族と親戚のみで静かに故人を送ることができる葬儀として人気を高めていますが、コンパクト化された式典ということで、従来型よりも費用がかなり抑えられる点も選ばれやすさの大きなポイントになっています。費用の安さのみに注目してプランを選ぶ傾向も強まっていますが、納得のいく家族葬にするには、いくつかの注意点があります。

比較検討した上で葬儀社とプランを選択

千葉県内では、都心部へのアクセスの良さから特に北西部に人口の多いベッドタウンが広がり、主要駅周辺には大小の斎場が点在しています。葬儀社の数も多く、都市部では特に選ぶのが大変なほどとなっています。それだけに、家族が亡くなってから慌てて葬儀社を選び始めると、ただでさえ気が動転する中、冷静な比較検討や選択ができなくなってしまいます。一昔前は、事前に葬儀や墓所の準備をしておくのは縁起が悪いという考え方がありましたが、終活ブームも一般化した昨今、あらかじめ一通りの心構えをしておくことがむしろ推奨されるようになっています。病院で亡くなった場合、早急な遺体搬送を促されるあまり病院から勧められた葬儀社と慌てて契約して、プランの検討をする暇もないまま業者任せにすることで、不本意な葬儀になってしまうこともあります。千葉県でも、葬儀社が多い都市部ほど事前リサーチが重要となります。

価格の安さのみに注目せずプラン詳細を確認

家族葬は、お通夜と告別式を行う従来型と同様2日かけて行う形式のほか、告別式のみの一日葬など、プランの選び方によって予算に合わせた葬儀が行いやすくなっています。それだけに葬儀社を選ぶ場合、価格の安さのみに注目して選びがちとなりますが、プラン内容の詳細から、必須となる遺体搬送や安置の費用などがオプション加算方式になっていないかどうか確認する必要があります。故人との別れのひとときを過ごし、見送るための大切な葬儀ですが、費用の面で後味の悪さを感じている人が少なくなく、安さに惹かれて業者を選んだところ、オプション加算が多く、精算時に思わぬ高額になってしまったというケースに注意したほうが良いことがわかります。葬儀社の数が多い千葉県では特に、精神的にも時間的にもゆとりがある時に、ある程度の心構えと準備をしておくほうが安心と言えます。